お葬式は家庭によって千差万別

お葬式には、正解パターンと言われるものはありません。確かに多くの家族が選ぶお葬式の形式などはありますが、それが必ずしも全ての人にとって正解というわけではありません。仮に、他の方々が選ばない方法であっても、自分や故人にとってそれが正解だと思えるのであれば、その形式を実施しましょう。

例えば、笑顔に包まれたお葬式にしたいという故人の意向があれば、在りし日の姿を想いしんみりするのが通常であるお葬式も、笑いの要素が多いものにしていいのです。友人などにその意向を伝えておけば、本来なら悲しくなる弔辞なども、生前の面白いエピソードトークなどが飛び出して、会場内は笑いに包まれることになるでしょう。逆に、感動的な形にしてほしいという意向を持っているのであれば、その方向に向かって準備を進めていきましょう。もちろん、ここに記してある内容はあくまでも一例でしかないため、それ以外の形であっても、生前に故人が望んでいた内容のお葬式を遺族が実施してあげれば、きっと素晴らしいものになるはずです。昔なら、まだお葬式の形はワンパターンなことが多かったものの、今は必ずしもそうではありません。

それこそ、中にはお葬式そのものを行わないという人もいますし、家族しか参加しない家族葬という形で終わらせるような方々もたくさんいます。逆に、関わった全ての人を集めて、盛大に行いたいという人もいます。また、亡くなってからお葬式を行うのではなく、生前葬という形で、故人がまだ生きている間にお葬式を行うようなケースもあります。

このように、今の時代は本当にお葬式の内容は多様化していますので、自分や故人の意向を考えたうえで、ベストなお葬式を実施するようにしましょう。自分たちや故人の思いを形にすることで、おのずと満足のいくお葬式を行うことができるようになります。そして、弔問に訪れてくれた方々の満足度も満たしていけるようにしましょう。こうした形でお葬式行うことによって、あとになって悔やむようなこともなくなるでしょう。